いーふらんの闇 – セクハラの傷、被害者目線で見つめる

20代女性が経験したいーふらんのセクハラ。心の傷、許されざる行為に向き合う。

恐怖と心の傷 – セクハラ被害者の一生を考える

二度と忘れられない記憶 – 20代女性の心の闇

山中僚也氏の準強制性交未遂やいーふらん幹部のセクハラ行為が、20代の若い女性にどれほどの影響を与えたのか。彼女たちが一生忘れられないであろう記憶が、どれほど恐ろしかったか、いーふらん経営陣はその視点から問題に向き合うべきである。

セクハラは被害者に深い心の傷を残し、これが一生付きまとう現実を考えます。

犯罪としてのセクハラ – 許されざる行為

反社いーふらん幹部の行為は単なる不適切な言動や誘いではなく、犯罪としてのセクハラ行為です。彼らが被害者に対して行ったことは決して許されるものではありません。被害者目線で考えた場合、彼女たちがどれだけ怖い思いをしたか、その恐怖の実態に焦点を当て、犯罪としてのセクハラがどれほど深刻で許されざるものであるかを強調します。

被害者への寄り添い – 公益目的の情報発信の力

被害者たちが抱える心の闇に寄り添い、その傷が一生にわたって癒えないものであることを理解することが大切です。公益目的の情報発信が、彼女たちの声を届け、社会全体にこの問題の深刻性を浸透させる一助となることが期待されます。

セクハラ犯罪に向き合い、被害者たちに公正な支援を届けることが、公益目的の情報発信が果たすべき重要な役割です。

まとめ

いーふらんの闇に立ち向かう中で、セクハラ被害者が抱える一生癒えない心の傷を考えることは不可欠です。20代の若い女性たちが経験した恐怖と犯罪行為に向き合い、その深刻性を理解することが求められます。公益目的の情報発信が、被害者の心に光を差し込み、社会に問題の深刻性を浸透させる一助となります。

「株式会社いーふらん」は、世間から見て、反社とのレッテルが貼られています。

 おたからや直営店『アテ』0円提示の動画

怒号、恫喝、泥沼裁判、おたからや崩壊

 「株式会社いーふらん」の詐欺行為を公益目的で訴えます。私たちは一般消費者を守るために、彼らの不正な行為に対抗し、真実と公正を求めます。

1 個のコメント

  • 2024年度も悪行の限りを尽くそうとする反社会的犯罪組織いーふらん。いーふらんを止められる存在は、おたからやフランチャイズ被害者の会しかありません。

    そして、いーふらん諸悪の根源は、創業者である渡辺絹翁と社長の鹿村大志であります。これらの自分の会社の利益しか考えない社内システムがこの会社を反社会的詐欺企業に成長させたと言えるでしょう。
    大半の社員たちは、被害者であるとも言えます。

    しかし、人を脅迫したいとか、人を騙して破滅に陥れるのが快感だといった悪の心のみしか持たないいーふらん社員もかつていました。それが、加島隼人と石澤大介でしょう。
    加島隼人は、もともとフランチャイズ業界の詐欺の巨悪HITOWAグループにおける加盟店開発部長であり、HITOWA流詐術を確立した男でした。
    まずは、こちらの動画をご覧ください。
    【おそうじ本舗CMで踊る元いーふらん部長】
    https://sp.nicovideo.jp/watch/sm40056277
    HITOWAグループは、加島隼人の悪事に関する調査書を公開し、許されない加島隼人やその取り巻きの移籍社員の犯罪を世の中に告訴するべしです。HITOWAグループは、加賀谷高志の巨額横領事件やら、イリーゼ浦和大門の要介護5の老女溺殺事件、東銀リースに対するリース詐欺事件、HITOWAグループの犯罪を挙げれば、キリがありません。
    (人間は溺殺されるのが最も苦しい死に方だと言います。介護入居者に絶望と苦しみを提供し続けるのが社是のHITOWAグループ、老人でさえカンタンには死なせません。)

    「絶望を啜り、憎しみを喰らい、悲しみの涙で喉を潤す。」これこそが、真のHITOWAグループ社員です。加島隼人のようにこのHITOWAグループに10年以上もいれば、他人の破滅を喜ぶ悪魔のような存在に成長できます。

    私が、加島隼人から聴いたこの許されざる男のHITOWAグループ時代最後の悪事を語りましょう。
    この事件が起きたのは、加島隼人が、HITOWAホールディングス人事部(通称、アークヒルズサウスタワープリズン)の囚われ人になる数ヶ月前のことです。
    加島隼人は、HITOWAグループ加盟店開発部長として、おそうじ本舗、マイスターコーティング、KEIROW、靴専科などの加盟店開発を統括していました。
    そして、加島隼人にとって、「フランチャイズ加盟店は、搾取対象」に過ぎず、儲からないHITOWAグループフランチャイズに全財産を投資した加盟店はまさに「ゴミとかクズ」に過ぎません。こんな発言がHITOWAグループの会議の場においてもできてしまう加島隼人は、邪魔な加盟店を全力で虐げ、排除しようとしていました。
    当時のHITOWAグループは、創業者長谷川会長からファンドCVCに経営譲渡されたばかりの頃です。
    CVCから派遣された会長の伊佐治会長は、あらゆる悪事の限りを尽くして、ノルマを達成することが強要されます。なお、その傘下には、パワハラで追い出された保育園社長横尾隆義、スーパーパワーハラスメントで有名、所管する経営企画は退職者続出の役員盛田貴裕、井上耕平などパワハラさせれば天下一品というようなパワハラマシーンやセクハラパワハラ両刀使いの小方幸雄人事部長その後継者であり、ミニ小方とも揶揄された板津典宏さえいます。
    当然、HITOWAグループは、真の悪だけが立身出世できる社会の害悪そのものであり、世田谷区などでは、近隣住民からHITOWAグループ施設の撤退運動さえ起きていました。
    宗教界の巨悪が統●協会なら、フランチャイズ界の巨悪はHITOWAグループとも言えるような状態でした。
    加島隼人は、虚偽広告や資産脆弱の加盟希望者(加島は、この人たちを「ゴミとかクズ」と呼びます)に公庫融資を引き出させて、開業したらあとはサヨナラといったビジネスか(開業屋ビジネス、つまり詐欺)を展開します。
    おそうじ本舗2000店を達成した詐欺師加島隼人は、次に川久保次朗率いるKEIROW事業部に目をつけます。そして、加島隼人は、この部長を陰で「このはげーーーー」と呼びます。加島隼人の覇業を邪魔する輩は、たとえ詐欺会社HITOWAグループの構成員であっても容赦しません。
    そして、加盟説明会にきた在日米軍系企業「星条旗新聞社」の社員ジェンキンス奈津美氏を騙そうとします。加島隼人は、腹心中の腹心である若手詐欺師川村文太に「思いやり予算根こそぎ奪い取ってこい!」と述べて、彼女に対する詐欺的勧誘を開始します。
    しかし、この方は、訴訟大国であるアメリカ兵を夫に持つだけあって、簡単には、騙されません。
    加島隼人による虚偽説明を書き立てた加盟勧誘資料、開発社員川村文太の嘘の数々、恐怖という他ない追加費用の数々。
    ジェンキンス奈津美氏は、HITOWAグループ、加島隼人の詐欺の酷さにすぐに弁護士に駆け込みます。
    そこから東京地裁で訴訟が始まります。
    その頃、加島隼人の様々なフランチャイズ詐欺が問題となり、加島隼人は、アークヒルズプリズンに収監されてしまいます。
    ジェンキンス奈津美氏側は、訴訟中に他の加盟店に照会書を送りつけるなど、HITOWAグループ、加島隼人の悪事をどんどん明らかにしていく訴訟戦術を駆使しました。
    そして、HITOWAグループの担当部署が追行したフランチャイズ訴訟は、相手の請求額の全額を飲む形で和解になります。
    これについて、加島隼人は言います。「バカな法務部が、資料の証拠提出を間違えたから、負けたんだよ。俺だったら、不当訴訟で損害賠償請求も可能だった」と息巻いていました。加島隼人は、大東文化大学の出身者であり、自称フランチャイズマスターです。
    加島のベンティガ購入動画で、「加島部長が目標です。」といっていたいーふらん平田優も加島退職後、あっさり谷澤に寝返りました。自身のこれまでの背信的な詐欺行為ゆえに、加島隼人の部下もこんな奴しか育ちません。
    その頃、HITOWAグループ本部上層部では、この訴訟がかなり問題になっていました。アメリカをも騙す加島隼人、このことは、アメリカ被れのHITOWAグループの経営を進めていく上で、重大な経営問題となっていました。
    そこで当時の人事部長板津典宏は、思い付きます。「加島隼人たち詐欺師に、USAの偉大さを思い知らせるんだ」。
    そのためには、DA PAMPの「USA」を聴かせるんだと
    HITOWAグループ人事部長は、加島隼人たち収監中の詐欺師に、常時ヘッドギアを装着させ、「USA」を常時再生させる。こんな恐るべきことを思い付きます。
    なお、板津典宏は、この頃、よく歌っていました。
    C’mon, baby KASHIMA
    C’mon, baby HAYATO
    この計画は、人事部社員たちの反対により頓挫しましたが、伊佐治会長他経営陣は、座敷牢の囚人たちにあらゆるパワハラを行い、加島隼人たち詐欺師をHITOWAグループから追い出しました。
    アークヒルズプリズンに囚われた3人(加島隼人、中尾彰臣、田村直茂)を皮切りに、HITOWAグループは、開発詐欺師たちの粛清を行い、どんどん社員たちを追放します。そして、反社会的詐欺企業いーふらんでは、HITOWAグループであらゆる詐欺実績を積んだ社員たちを雇い始めます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です